不用品回収された製品の行方について

3月 5th, 2012 by admin

不用品買取り業者は全ての不用品を引き取ってくれるものではないようです。不用品回収業者は引き取った不用品で利益をださなけばなりません。そのため、修理を行う事で引き取る可能性が増加していくわけです。引き取られた品物は回収業者の工場のような場所に持ち込まれますが、ここでは修理が出来るものと出来ない物を区別していきます。この時修理を行っても直らない製品においては製品を解体し、リサイクル出来るような金属部品などを製品から取ります。

残った処分品でもある産業廃棄物はリサイクル業者に運ばれるようです。リサイクル業者が引き取るものは家電品などが圧倒的に多いようですが、売却が可能な製品に関しては、リサイクルショップなどに製品を持参し、そこで次の持ち主に手渡されるのです。一方産業廃棄物として出てきたものに関しては、更に解体をし、少しでも多くの品物を必要数出せるような仕組み作りを行います。リサイクルが可能な部品というものは、再生が可能なものとなります。

リサイクルが可能な再生可能部品というものは、そのまま利用するものもあれば、製品の原材料として再利用するなどのために溶かしたりすると言います。金属などの場合は溶かす事で再利用と言うものが可能になり、新たな部品などを製造する際の材料となるわけです。しかし、不用品回収を行って、リサイクル可能な部分と分けてみても、再利用が出来ない割合は実に多いものです。これにより産業廃棄物として埋め立てなどを行うようになるそうです。


Posted in カテゴリ1 | Comments (0)


不用品回収のべんりさ

3月 2nd, 2012 by admin

不用品回収はとても大事だと思います。今地球はゴミが多く、処理しきれなくなってきています。なので、不用品を回収することで、リサイクルにもつながるので、一石二鳥だと思います。その人にとっては不用品でも、ほかの人にとっては便利な物かもしれないので、資源の有効活用というところでも、とてもいいと思います。僕は不用品回収をよくつかいますが、無料という点でもとても魅力的です。普通に回収者にだすとお金がかかりますが、無料です。

家の周りを回収者がまわっていたり、家にいても近くまできてくれるので、無料で便利です。いちいち持っていくと、車のガソリンや、移動代もかかりますが、回収車は無料で来てくれ、処理代も無料なので、とても便利だと思います。また、引越しの時とかに、いらないゴミがたくさんあると思います。必要じゃないものはたくさんあります。でも、こんなときに不用品回収を使えば、無料でしかも効率よくできるので、とっても便利だと思います。

生活をしていくうえで、不用品は必ずでてくると思います。引越しではさらにです。不用品回収はまた、渡せばトイレットペーパーや、古雑誌にも変えることができるので、無料でさらに自分にも利益があるので、とてもいいと思います。これからエコが主流化されていくと思いますが、不用品回収がとってもエコで、まるで江戸時代の日本の生活のようで、昔の事も思い出せるとっても良いです。壊れるまで使うことができるので、ぜひ活用してみてください。


Posted in カテゴリ2 | Comments (0)


不用品回収と一般廃棄物収集運搬業の許可について

2月 28th, 2012 by admin

不用品回収業者といものがあり、住宅地には不用品回収を無料で行うという車が良く巡回しています。しかし、不用品回収を行うには許可が必要になるそうです。これは環境庁のホームページにもあるように、不用品回収を行う場合、一般廃棄物収集運搬業の許可などを得ていなければ営業を行う事が出来ないとあります。これは無料回収といいつつ、高額な費用を請求するという悪質な業者が数多くあり、これらを防止する上で許可を得てからでなければ回収を行え無くするというものになります。

確かに、不用品回収業者の拡声器から出てくるアナウンスには、無料で引き取りますとか、中には無料で引き取れるものもあります。などのような宣伝文句を聞きます。あまりこのような不用品回収業者に引取りを依頼した事がないのですが、壊れている製品を何故無料で引き取るのかなどの疑問もあるわけです。しかし、壊れている品物の中には価値の有る商品もあるわけで、この価値というものは回収業者が決めるものであり、一般の人には解らないことです。

価値ある商品であれば、回収し後に高額な利益を持てるという事もあり、回収を無料で行うケースもあるわけです。しかし、大半の製品は無料ではなく、有料となるケースが多いのではないでしょうか。最近では市役所や区役所などに粗大ゴミの収集を依頼することが多いのですが、市役所や区役所などに依頼をする場合は、有料となります。この事を考えてみても、不用品回収業者が無料で引き取るという事は稀であり、大半は有料にて引取りをするということになるのです。


Posted in カテゴリ3 | Comments (0)