不用品回収業者と回収された品物の行方

2月 28th, 2012 by admin

不用品回収には、壊れているものでも引き取ってくれるケースがあるようですが、不用品回収は家電品などを引き取るケースが多いようです。不用品回収で引き取られた品物はどのように処理をされるのでしょうか。壊れていないものであれば、ある程度のメンテナンスを行えばリサイクル製品としてリサイクルショップなどの店頭に置かれるわけですが、壊れているのもは修理を行いリサイクルショップに送られます。しかし、壊れている品物はどうなるのでしょうか。

不用品回収で引き取られた品物の中には故障しているものもあるわけですが、引取り後修理などを行い、故障が直ると今リサイクルの流通に流します。一方修理を行っても直らない品物は、解体をされリサイクルが出来る部品を取り、残りの部分は産業廃棄物として産廃業者に引き取れます。リサイクル出来ない部分というものはその製品により異なるようですが、オーディオ製品などの場合は修理を行って再生されるケースが多いようです。

不用品回収業者は、ライトバンなどの車で回収しに来ますが、住宅の周辺を何度と無くグルグルと回り、少しでも多くの不用品を回収しようと頑張るわけです。回収された製品のうち正常に動くものは店頭に並べられ、故障が起きている製品に関しては、不用品回収業者が持つ修理を行う現場などに持ち込まれス。また、中には正常に動く完動品というものも出されるそうですが、クラスの中には1人以上の人がこのような物を持っているといわれています。



 




XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">