不用品回収と一般廃棄物収集運搬業の許可について

不用品回収業者といものがあり、住宅地には不用品回収を無料で行うという車が良く巡回しています。しかし、不用品回収を行うには許可が必要になるそうです。これは環境庁のホームページにもあるように、不用品回収を行う場合、一般廃棄物収集運搬業の許可などを得ていなければ営業を行う事が出来ないとあります。これは無料回収といいつつ、高額な費用を請求するという悪質な業者が数多くあり、これらを防止する上で許可を得てからでなければ回収を行え無くするというものになります。 確かに、不用品回収業者の拡声器から出てくるアナウンスには、無料で引き取りますとか、中には無料で引き取れるものもあります。などのような宣伝文句を聞きます。あまりこのような不用品回収業者に引取りを依頼した事がないのですが、壊れている製品を何故無料で引き取るのかなどの疑問もあるわけです。しかし、壊れている品物の中には価値の有る商品もあるわけで、この価値というものは回収業者が決めるものであり、一般の人には解らないことです。 価値ある商品であれば、回収し後に高額な利益を持てるという事もあり、回収を無料で行うケースもあるわけです。しかし、大半の製品は無料ではなく、有料となるケースが多いのではないでしょうか。最近では市役所や区役所などに粗大ゴミの収集を依頼することが多いのですが、市役所や区役所などに依頼をする場合は、有料となります。この事を考えてみても、不用品回収業者が無料で引き取るという事は稀であり、大半は有料にて引取りをするということになるのです。